フリーローン審査比較

失敗しないフリーローンの選び方

実は銀行フリーローンというのは、厳密にいえば、銀行カードローンとは異なります。

 

借り入れをするときには高金利の消費者金融よりも、低金利の銀行が返済にかかる負担が小さくなりますので安心です。しかし、その銀行でもローンは一種類しかないのではなく、カードローンや多目的ローン、住宅ローンなど様々あります。

 

低金利の銀行ではありますが、その中でも最適な使い道を探していくことが必要です。

 

プロミス

プロミスの特徴

  • 提携ATMが豊富で全国どこからでも利用ができる
  • 三井住友銀行ATM利用手数料が無料
  • はじめての借り入れ翌日から適用される30日間無利息がある
  • 資金使途は生計費に限る

年利 4.5%〜17.8%
限度額 1万円〜500万円
評価 評価5
プロミスの総評

目的を問わずに自由に利用ができるプロミスは、はじめての借り入れ翌日から適用される30日間無利息があります。計画的に利用をして無利息期間中に大きな金額を返済できれば後々の利息の負担が少なくなります。三井住友銀行ATMが無料で利用ができるほか、手数料無料の返済方法が充実しているため余計な費用を使うことなく返済ができます。

30日間無利息サービス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要

オリックス銀行

オリックス銀行の特徴

  • 提携ATMを含めてすべてのATMが利用手数料無料
  • 融資限度額が上がると金利が下がる
  • 少額借入時の返済額が高いため元金充当額が多い
  • 資金使途は事業性資金以外は自由

年利 3.0%〜17.8%
限度額 最高800万円
評価 評価4
オリックス銀行の総評

大きな融資限度額になると低金利で借り入れができますが、消費者金融と比較すると毎月の返済額が高めに設定されています。これを不利と感じるかもしれませんが、毎月の返済額が高いということは元金充当額も高くなり返済が進みやすくなるというメリットがあります。

モビット

モビットの特徴

  • カードレスで利用ができるWEB完結もある
  • 条件次第で申し込み時の電話と郵送物をなくすることができる
  • ローン申込機も全国に設置されておりカード申込でも即日融資も可能

年利 4.8%〜18.0%
限度額 1万円〜500万円
評価 評価3
モビットの総評

カードレス、電話連絡なし、郵送物なし、この3拍子がそろうことで急激に人気を集めているのがモビットです。安心の三井住友銀行グループのモビットです。

WEB完結を利用するためには「三井住友銀行口座か三菱東京UFJ銀行口座」と「組合員保険証か社会保険証」を持っていることが条件となり、さらに電話連絡なしつまり在籍確認の電話をなしにするためには直近の給与明細書2か月分が必要です。カードレスになると借り入れは振込キャッシング、返済は銀行振込か口座振替になります。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

アコム

アコムの特徴

  • 35日ごとの返済期日を使えば、返済が楽になる
  • 契約翌日から適用の30日間無利息がある
  • 楽天銀行口座があると振込キャッシングとインターネット返済が24時間手数料無料で利用可能

年利 4.7%〜18.0%
限度額 1万円〜500万円
評価 評価3
アコムの総評

無利息期間が契約翌日からの適用となるため申し込みのタイミングは考える必要があります。返済期日設定が35日ごととなっており、前回返済日から数えて35日以内に返済をするという繰り返しになります。

返済日から7日で返済をしても、35日目に返済をしてもかまわないという自由があり、臨機応変でかつ無理のない返済プランを立てることができます。

 

フリーローンとカードローン本当は違う商品

一般的にカードローンとよばれている商品は、その名の通り、カードが発行されて利用するローンです。消費者金融のキャッシングも、銀行からの借り入れも同じようにカードを発行して利用をすることになりますので、消費者金融も銀行もフリーキャッシングはカードローンとなります。

 

そしてフリーローンは、最近では資金使途自由の借り入れを指していることもありますが、厳密に言えばそれは違います。フリーローンとは多目的に活用できるローンであり、多目的ローンとして提供されている商品です。

 

資金使途を明確にすることで代金の支払いは銀行が行い、代行してもらった分を銀行に利息をつけて返済していくことになるのがフリーローンです。

 

もっと簡単に分けてみましょう。

 

カードローン 融資限度額の範囲内で自由に借り入れができる
フリーローン 購入資金を分割で支払うためのローン

 

結婚費用や車の購入など目的が決まっている場合は、フリーローンを使った方が利息がお得なケースもあります。しかし、審査に時間がかかるのと、目的以外にお金を使ってしまうと、一括返済を迫られます。

 

銀行側もフリーローンよりも、手軽に利用できるカードローンを積極的に宣伝してます。生活費の目的では、フリーローンは利用できませんので、その場合はカードローンを申し込みましょう!

 

フリーローンは明確な使い道が証明できないと、審査が通らない

完全に自由なカードローンと比較しますと、フリーローンは事業性資金や投機性資金、他社のローンの借り換えなどは、資金使途として認めていないところが多いです。

 

また「食費や家賃など生活費のため」などとしてしまいますと、「毎日の生活費にまで困窮しているのに本当に返済ができるのか?」と悪いイメージで判断されてしまい、審査に落とされてしまう可能性が高くなります。

 

フリーローンを利用の際には、あくまで一時的に必要な資金を借りたいということを明確にする事が大切です。

 

例えば、同じ生活費だとしても、怪我をするなどして入院や自宅療養により、仕事を2ヶ月など少しの間休むことになった場合、その間の生活費となるとまた意味が違いますよね。

 

仕事に復帰できるまでの間の資金が一時的に必要ということがわかるよう、その場合には怪我の入院費及びその間の生活資金、といった使い道なのだと説明すると良いでしょう。

 

但し、そこに住宅ローンの返済などが含まれる場合には、他社のローンからの借り換えに良い顔をしないタイプのローン商品になりますから、その点については明確にしてしまわない方がいいでしょう。

 

必要書類の有無については、各金融機関の商品説明書や必要書類の案内について詳しくみてみなければ確認できません。もし急ぎで資金が必要な場合でしたら、資金使途を問われないカードローンを利用した方が良いでしょう。